演唱:ケツメイシ 作詞/作曲:ケツメイシ
 
ま  ち なか わす  きおく   こえ もど
★さくら舞い散る中に忘れた記憶と 君の聲が戾ってくる
 ふ  や    はる かぜ  ころ
 吹き止まない春の風 あの頃のままで
         かみ  わ  とき  あわ かお
 君が風に舞う髮かき分けた時の 淡い香り戾ってくる
 ふたりやくそく
 二人約束した あの頃のままで
 ヒュルリーラ ヒュルリ-ラ

         おも だ  いみ
さくら散りだす 思い出す 意味なく
あか だ        き
燈り出す あの頃また氣になる
か      けしき
變わらない香り 景色 風
ちが
違うのは君がいないだけ
    た  よみが    あ     よ かえ
ここに立つと甦る こみ上げる記憶 ?み返す
はるかぜ  なが               さわ
春風に舞う長い髮 たわいないことでまた騷いだり
    ぎ ました かた あ
さくら木の真下 語り明かした
おも で  おれ かがや あかし
思い出は 俺 輝いた証だ
         であ  わか
さくら散る頃 出會い別れ
それでも ここまだ變わらぬままで
さ    め    はな  て
?かした芽 君 離した手
        かわ
いつしか別れ 交したね
      きせつ  と
さくら舞う季節に取り戾す
        よ お
あの頃 そして君呼び起こす

はな
花びら舞い散る 記憶舞い戾る

きづ               おも  で さそ
氣付けばまたこの季節で 君との想い出に誘われ
こころ とびら        ぬ
心の扉たたいた でも手をすり拔けた花びら
はじ  わ     わか
初めて分かった 俺若かった
   ばしょく
この場所來るまで分からなかったが
ここ    いま なぜ  さだめ
此處だけは今も何故 運命のように香る風
あたた ひ ひかり    め  と      ひ
暖かい陽の光がこぼれる 目を閉じればあの日に戾れる
       おもかげ  き        どこ
いつしか君の面影は 消えてしまうよ 何處かへ
    いらい
あの日以來 景色變わらない
         かた
散りゆく花びらは語らない
     した ひび
さくらの下に響いた 君の聲 今はもう

★ repeat

    ぼく かた   お
そっと僕の肩に 舞い落ちたひとひらの花びら
               そば
手に取り 目をつむれば君が傍にいる

★ repeat

花びら舞い散る 記憶舞い戾る
花びら舞い散る

    全站熱搜

    媽媽寶寶團購樂 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()